さまざまな内容のアファメーションを行う

前向きな反対を繰り返す利益、渇望を叶えることができるアファメーションですが、ここではグングン効果的に行うための手立てを紹介します。

さまざまな内容のアファメーションを行うよりも、1つの目標に絞ったアファメーションを集中的に歯向かうほうが賢明でしょう。

アファメーションの反対を申し立てるのは、寝起きって昼間、真夜中寝る前の1日に3回行うと良いです。できれば、見解に出して唱えましょう。また、それ以外にも、思いついた時に、何度も繰り返すことを習慣づけるといったジャンジャン良いです。いつでも意識でアファメーションの反対が繰り返されるように、アファメーションの反対を紙に書いて終始見るようにすれば、捨てることもないでしょう。

反対は何度も繰り返すと凝縮感情となります。こうして、反対を繰り返せば繰り返すほど、渇望を叶える思いが強くなり、潜在意識に刻み込まれるのです。また、不安な時やお尋ねが沸いた有様、プレッシャーを感じる有様、疲れている有様、後ろ向きなことばかり見損なう時は、きっちりアファメーションの反対を繰り返すようにしましょう。

アファメーションの時間をとって集中して行う時は、用を閉じて願いや渇望がはたして叶った自分のコーデを思い浮かべましょう。目標の突破を拾うアファメーションの場合は、目標が達成した瞬間のコントラストや、そこにいる人たちが発する喝采や祝福の反対まで、ありありと頭の中に描きましょう。

アファメーションを行うときは、ただ伝えるだけでなく雰囲気も込めましょう。あなたの渇望が叶った有様を思い浮かべて、その時の雰囲気を食らうのです。その雰囲気を激しく持てるほど、潜在デリカシーへの効果も強くなるのです。

何日も何日も「ボクは○○だ」とアファメーションしてきたのに、自分に何のチェンジも起こらないだけでなく、どっさり渇望からかけ離れていくという、前向きなビジョンは真逆の有様が起きてしまう本体も少なくありません。この人たちはなんでアファメーションがうまくいかないのでしょうか?

「ボクは○○だ」といったあなたが宣言している有様、潜在デリカシーは「本当は違う」「ダミーをついている」という、顕在デリカシーから否定されたり疑われたりしています。あなたの潜在デリカシーが金に満ちていて成就にわたっている場合は問題ないのですが、負けいくさを恐れていたり乏しさに困難を抱いていたりする場合は、顕在デリカシーからの否定にがんばることができなくなって仕舞う。

アファメーションを行おうとしているあなたのメンタルが前向きな状態ではなく、アファメーションで繰り返し自分に言い聞かせていらっしゃる店頭にあたって素直に受け入れられない時は、次の手立てを通してください。

たとえば、「愛情」「内心」「ラッキー」という前向きな文字を取り上げます。前向きな反対には無限の感情があり、深い登録って直結してあり、価値のある実際的な感情が込められて掛かる。こうして、あなたの届け出や渇望を実現させるために必要となる力を下さる。

「愛情」「内心」「ラッキー」という反対の内容をひとつずつ理解しながら、「愛情・内心・ラッキー」と度合にのりながら何度も繰り返しましょう。こうすることで、愛情、内心、ラッキーの意識に食い込むことができるのです。

潜在デリカシーは是が非でも働く利益、あなたも愛情、内心、ラッキーを手に入れないといういけなくなるのです。この時、あなたの心には何のフラストレーションもありません。ただその3つの反対の立場を受け入れるだけです。